主なサービス紹介
美容.com 美容、健康、あなたの悩みを解消します!
  • scissors

    乾燥肌の治療において、乾燥肌の度合いが酷い場合や「アトピー性皮膚炎」を発症しているという診断がある場合には、治療薬として”ステロイド”という成分を含んだ薬を使って治療していくことがあります。

    “ステロイド”=「よく解らないけれど怖いと聞いたことがある」

    そんな風に思っていても、乾燥肌の治療で必要と判断された場合に、”ステロイド”の薬の何が怖いのか、また効果はどうなのかなど解らないままに使ってしまうよりも、”ステロイド”を使った乾燥肌の治療ののメリットとデメリットや正しい使い方を知っておくことの方が大切ではないかと思います。
    » 続きを読む

  • scissors

    乾燥肌の対策としてスキンケアなどの肌の対策だけしているという場合、中々思ったような乾燥肌の改善ができないこともあります。
    そんな時には生活習慣と食べ物での栄養バランスを見直してみましょう。

    特に食生活では乾燥肌対策に有効な栄養素を含んだ食べ物を摂ることで、体の内側から乾燥肌対策ができます!
    次のような栄養素を含んでいる食べ物を参考にしてみてください。
    » 続きを読む

  • scissors

    乾燥肌ではまずスキンケアでの「保湿」の対策が一番に挙げられますが、洗顔料やボディーソープなどの”洗うこと”に関しての対策も大切です。

    乾燥肌は肌の保護に必要な皮脂が不足しているため、とてもデリケートで刺激にも敏感です。
    “洗うこと”で肌を清潔に保つことは大切なのですが、”洗うもの”に対しての対策をしておくことで乾燥肌の改善を助けたり、悪化を防ぐことができます。

    その”洗うもの”ですが、「化学物質」や「添加物」「界面活性剤」などが配合されているものは乾燥肌には酷く刺激になってしまうので避けていくのがベストです。
    一般的に広く販売されている”洗うもの”はほとんどが上記の成分を含んでしまっているので注意しましょう。 
      » 続きを読む

  • scissors

    乾燥肌のトータルなケアで思いつくのが入浴での乾燥肌対策ではないでしょうか?
    入浴剤にも「乾燥肌用」というものが多く販売されています。

    ただこの入浴剤での乾燥肌の対策には、ちょっとしたポイントと注意点があることをご存知でしょうか?
    入浴剤を使った乾燥肌対策について正しい情報を得て、これまでの入浴方法を見直してみませんか?

    ※『乾燥肌対策のための入浴剤選びのポイント』
    まず、入浴剤全般についてですが、一般的な入浴剤には”化学物質”や”添加物”などを含有していることがほとんどです。
    実はこの”化学物質”や”添加物”は、乾燥肌には刺激となってしまい、乾燥肌の状態が改善しなかったり、悪化してしまうこともあります。
    入浴剤では”天然由来の成分”など、成分表示の確認を必ず行いましょう。
     
    ※『入浴剤とハーブのエッセンシャルオイルの違い』
    ハーブのエッセンシャルオイルやアロマオイルなどを入浴剤の代わりに使うこともできます。
    エッセンシャルオイルではフランスのものが良質と言われていますが入浴剤と同様に成分や純度などに気をつけて購入しなければなりませんが、良質のエッセンシャルオイルであれば”化学物質”や”添加物”を避けることができます。
    入浴剤の代わりにエッセンシャルオイルを浴槽に数滴を垂らすだけで乾燥肌の対策として有効に使うことができます。

    入浴剤での乾燥肌対策では、入浴方法も関係してきます。
    長湯をすると入浴後、余計に肌が乾燥してしまうことや、ナイロン製などの硬めのタオルでのゴシゴシ洗いなどをしないように避けましょう。

  • scissors

    乾燥肌の状態になっているお肌はとてもデリケートです。
    刺激などにも敏感になっているので、通常のお肌と同じ洗顔をしているとスキンケアをしっかりしていても、乾燥肌の改善効果がなかったり遅くなってしまったり、悪化する場合もあります。
    乾燥肌を改善していく洗顔方法のポイントをまとめてみました!
    » 続きを読む

  • scissors

    乾燥肌の改善として、欠かせないのが「スキンケア」です。
    乾燥肌のスキンケアでは、どのような方法が乾燥肌改善に有効な方法なのか知りたいと思っている人も多いはず!

    まずは顔と体に共通する乾燥肌改善のポイントを紹介します。
    ・規則正しい生活
    ・バランスの良い食事
    ・肌への刺激を避ける
    ・体内の水分を一定に保つ(「保湿」です)
    ・体温を一定に保つ(「冷え」「発汗」は乾燥肌に影響します)
    当たり前のような項目ばかりですが、案外すべての項目をクリアするのは難しいことです。
    乾燥肌の改善のスキンケアの前に、まずは自分の生活のスタイルを見直すことも大切な”乾燥肌のスキンケアの準備”です。
    » 続きを読む

  • scissors

    乾燥肌をどうにかして改善していきたいけれど、まずは何からしたら良いのか解らない!
    とにかく乾燥肌のスキンケアしかない!

    そんな風に悩んだり考えている人へ、乾燥肌を改善できる方法からすぐに使えそうなものをピックアップしました。

    1.「冬場の暖房の温度を少し低めに設定する」
      寒いと思ったら重ね着などで対処していきます。
    2.「暖房を使っている部屋の湿度に気をつける」
      加湿器を使うのも有効な乾燥肌の改善方法ですが、霧吹きを使ったり濡らしたバスタオルを部屋にかけておくだけでも効果があります。
    3.「入浴では、熱めのお湯や長風呂を避ける」
      必要な体の水分を奪う原因になります。
    4.「入浴時のタオルの使い方に気をつける」
      ゴシゴシと力を入れて洗ったり拭いたりしないようにしましょう。
    5.「入浴後には保湿!けれど塗りすぎない」
      入浴後の保湿はとても大切ですが、ローションやオイルを過剰に塗っても効果は変わらないばかりか他の肌トラブルを起こす可能性があります。
    6.「洗顔料・ボディーソープの過剰な使用量を避ける」
      洗いすぎは肌に必要な皮脂までをはがしてしまうので、乾燥肌にとっては改善ではなく、原因をつくってしまいます。
    7.「肌に触れる”下着・パジャマ”の素材に気をつける」
      デザインを重視したい人もいると思いますが、ナイロンなどの化学繊維は避けて、綿や絹などの素材でできているものを使いましょう。

    このように日常のちょっとした場面での工夫が、乾燥肌の改善の”環境”を作ることに結びついていきます。

  • scissors

    乾燥肌で悩んでいる人に、乾燥肌にはどんな種類の症状があり、どの程度の症状が危険サインとなるのかを紹介します。
    乾燥肌となる原因と一緒に参考にしてください。

    まず「乾燥肌」では、その名の通り肌がカサカサとしている状態が一番想像しやすいことと思います。
    ですが、実際の乾燥肌には個人差や程度差があるのが現状です。

    ●肌のカサつき
    ●洗顔後のツッパリ感
    ●白く粉を吹いたようになる
    ●皮がむけてしまう
     これらが多く見られる乾燥肌の症状ですが、更に。
    ●かゆみを伴う
    ●ヒジやヒザ、かかとなどが黒ずむ
    ●同様にヒジやヒザ、かかとなどがひび割れてしまう

    このように、乾燥肌は進行していくと深刻な肌トラブルを引き起こします。

    原因としては「加齢」「空気の乾燥・気温低下」「生活習慣・食習慣」「過剰な洗顔やゴシゴシと洗う」の4項目が乾燥肌を引き起こすとされています。

    乾燥肌の原因にも対処していくことはとても大切ですが、今、乾燥肌で症状が出てしまっているという人は、まず症状への対処を考えてください。

    実は乾燥肌が進行していくと”肌のバリア機能低下”が起きてしまうのです!
    そうなってしまうと、空中にある「雑菌」「カビ」「化学物質」「花粉」などの有害な物質などが肌へと入り込んでしまいます。
    ただでさえ乾燥肌で辛い思いをしているのに、有害物質によって湿疹や炎症などを引き起こしてしまいます。

    乾燥肌のケアや治療をおろそかにしてしまうことが一番のNGとなってしまうので、出ている乾燥肌の症状のケアと乾燥肌を引き起こす原因の改善を順番に行っていきましょう!

  • scissors

    原因がよく解らない乾燥肌で悩んでいるという人が最近増えてきています。
     
    乾燥肌の大きな原因は一体どのようなものなのでしょうか?
    自分の「乾燥肌の”原因”」を知ろう!
    » 続きを読む