美容.com 美容、健康、あなたの悩みを解消します!
  • 【乾燥肌】乾燥肌の治療に使われる”ステロイド”は本当に怖い?

    0
    scissors
    11月 21st, 2010nao乾燥肌

    乾燥肌の治療において、乾燥肌の度合いが酷い場合や「アトピー性皮膚炎」を発症しているという診断がある場合には、治療薬として”ステロイド”という成分を含んだ薬を使って治療していくことがあります。

    “ステロイド”=「よく解らないけれど怖いと聞いたことがある」

    そんな風に思っていても、乾燥肌の治療で必要と判断された場合に、”ステロイド”の薬の何が怖いのか、また効果はどうなのかなど解らないままに使ってしまうよりも、”ステロイド”を使った乾燥肌の治療ののメリットとデメリットや正しい使い方を知っておくことの方が大切ではないかと思います。


    ●”ステロイド剤”のメリットとは?
    ステロイドには「副腎皮質ホルモン」という体の機能と同じ『皮膚病の改善』という働きがあります。
    ただ「副腎皮質ホルモン」は微量しか分泌されないことと、体内でしか生成されないということがあるので、乾燥肌の治療において「副腎皮質ホルモン」を助け、代わりにするためにステロイドを用います。

    ●”ステロイド剤”のデメリットとは?
    ホルモンに関係しているステロイドは、「免疫力の低下」「生理痛」「慢性的な疲労」など個人差はありますがホルモン系列に関わる副作用を起こすことがあります。
    また長期間使用していると、本来「副腎」が分泌する「副腎皮質ホルモン」がステロイドを頼ってしまい分泌されないという状態になってしまうこともあります。

    このように乾燥肌でステロイド剤を用いた治療をする場合には、まずメリットとデメリット、医師の定めた用法をしっかりと守ることがとても大切なことになります。
    心配がある場合にはすぐ医師と相談するのがベストです!

Leave a reply